川西市・宝塚市・三田市の不動産、新築一戸建てならオンリーワンへ。

ONLY ONE 全戸標準装備

House Building

工法・構造

2×4工法

ONLY ONE 2×4工法の特長

耐震性能

世界でも有数の地震国である日本で「耐震性」は今や欠かせない最も重要な性能といえます。
ONLY ONEでは、お客様に末永く、日々安心して幸せに暮らしていただくために
耐震性に優れた2×4工法のお家造りをしております。

在来木造軸組工法住宅
加えた力が柱や接合部などに集中。
部分的に負担がかかりやすい
構造であることが分かります。
2×4住宅(ONLY ONEの住宅)
枠組みされた木部分と構造用合板が
「面」となって、揺れの力を受け止め、
分散・吸収していることが分かります。

この事から分かるようにONLY ONEの住宅は
耐震に優れた2×4工法を採用しています。

震災にも耐えた2×4住宅

少し古い記事にはなりますが、平成7年1月兵庫県南部を襲った阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)は、大都市の直下で発生した地震(M7.3、震度7)であったために、想像をはるかに超えた大惨事となってしまいました。
この地震による家屋の被害は、全壊約10万1,000棟、半壊を含めた一部損壊が約28万9,000棟以上。

しかし、このような壊滅的な状況下でさえ2×4住宅は大きな被害はありませんでした。

[一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会]の調査によると、被災地の2×4住宅の96.8%が特に補修をしなくても継続して居住が可能な状態を保ったことが分かっています。
死者の約9割にあたる人が建物の倒壊による犠牲者と言われる阪神・淡路大震災。
この数値からも住まいの耐震性がいかに大切であるか分かります。

ONLY ONEは地震の多い日本だからこそ
安心して永く住んで頂きたい一心で2×4工法を採用しております。

耐風性能

現在、日本では台風や竜巻などの異常気象など
多くなってきておりますが、
ONLY ONEの採用する2×4工法の屋根は、
全体が一面の構造躯体となっておりますので、
軒下から強い吹上げ風があっても、
屋根が持ち上げられにくい強固な構造となっております。

耐火性能

2×4工法の住宅は火の通り道となる床や壁の内側において、枠組材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階に火が燃え広がるのを食い止めます。また、床根太、枠組み材などが、一定間隔で組まれている床や壁の構造部分は、防火区画がいくつも作られているのと同じ構造となっているため、火の進行が遅くなり燃えひろがりにくくなっております。

それにより初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えることができる構造です。
2×4工法で建てられた家の優れた耐火性は、数々の実験においても実証されています。

出火元住宅の解体後、姿を現した2×4住宅の西側の外壁。
隣家との距離はわずか40㎝であるにも関わらず、
表面の色が焦げる程度ですんでいるのが分かります。

ファイヤーストップ構造について

万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる
(他室への延焼遅延)

火災が起こった際、壁の内側や天井裏を伝って火が燃え広がってしまいます。火が住宅全体に広がりにくくするため、火炎の通り道となる壁や天井内部の要所(壁の内部などの取合部)に木材や断熱材のファイヤーストップ材を設けます。このように省令準耐火構造の住宅では 「各室防火・他室への延焼遅延」により内部火災に強い住宅となっています。

※特徴の解説はフラット35サイトより引用

デザイン性

外観デザインが多様で自由な2×4工法の住宅
美しい街並み

地区環境や良好な景観に対するニーズが増大する中、2×4住宅への期待がたかまってきています。

2×4工法の外観デザインは、各地のニュータウン計画へ積極的に採用されて、
現在、多くの優れた街並みが形成されております。典型的な例として電柱のない街並み・あすみが丘、
海外の住宅地を模した神戸市ワシントン村、別荘地としての長崎ハウステンボスなどが
2×4の住宅が美しい街並みを造っております。

ONLY ONEの2×4住宅の街並み

兵庫 ワシントン村

長崎 ハウステンボス

「省令準耐火構造」で、より安心な新生活

省令準耐火とは? ・・・住宅金融支援機構が定める防火性能の基準

省令準耐火の特徴

隣家などから火をもらわない(外部からの延焼防止)

隣家からのもらい火による火災に備えて、屋根や外壁、軒裏を防火性の高い構造とします。省令準耐火構造では、屋根を市街地での火災を想定した火の粉による建築物の火災を防止できる不燃材料で葺くこと等としています。外壁及び軒裏は、建築基準法の防火構造(例:防火サイディングを使用する)としています。ONLY ONEではさらに防火性に優れた「パワーボード」を採用しておりますのでよりご安心していただけます。

※パワーボードは炎や熱を受けても発火することがなく、煙や有毒ガスも発生しません。

火災が発生しても一定時間部屋から火を出さない(各室防火)

火災を最小限に食い止めるためには、「防火区画化」が重要となります。省令準耐火構造では、火が他室に燃え広がりにくくなっています。室内の壁・天井には火に強いせっこうボードを使用しております。火が他の部屋に燃え移るまでに時間がかかることにより、避難や初期消火が可能となります。

その他のメリット

省令準耐火構造は火災保険料もお得に‼

従来の木造建築の約半分になります。
これは家計に優しくてうれしいですよね。